新時代を担う情報端末足り得るか?

さて、先程のITに関する概要の方でも登場しましたが、ここではパソコンに変わる新たなる情報端末として、その今後が期待されているスマートフォンについて紹介していきたいと思います。スマートフォンとは、ここ十年の間に急激に発展してきた2つの情報端末である「携帯電話」と「パソコン」を折衷したような端末で、非常に小型でありながら、パソコンの様な情報処理を可能とする新たなる情報端末です。このスマートフォンは、さすがに本家大元のパソコンほど高度な情報処理をするだけのスペックは持ち合わせていないものの、簡単な文書作成であったり、それほど処理能力を必要としないゲームなども動かすことが出来てしまうのです。そのため、特に若年層を中心として、今非常に大きなブームを呼んでいます。また、同時に若年層に以前より人気のあった携帯電話用ゲーム会社のGREEやモバゲーなどのゲームも、次々にスマートフォン対応となり、どんどん出来るゲームや扱えるアプリケーションが増えることによって、よりその需要を加速させるに至っています。そもそもこのスマートフォン人気は、今まではMacintoshなどのオペレーティングシステムや、iPodなどの音楽端末を作っていた「Apple」社が、その両方のノウハウを利用して作り出した「iPhone」がその火付け役となり、大きなブームを呼びました。日本においても、ソフトバンク社がiPhoneを利用可能にしたために、急速にその利用者を増やしていった経緯があります。しかしながら、このスマートフォンを取り巻く環境には、セキュリティ以外にも今1つの問題が発生しています。それは、「回線帯域」の問題です。普段インターネットを使う際にはあまり意識しませんが、そうですね、場合によってはマンションタイプの回線を利用している方には少々理解しやすいかもしれません。私たちが普段利用しているインターネットの回線というのは、無尽蔵な資源ではないのです。同時に、情報を流通させる量には限界があり、それを「回線帯域」と呼びます。マンション単位で1つの帯域を持っているマンションタイプのインターネットなら、同時に多くの人が接続していると、割り当てられる回線の量が減るために、利用出来る回線速度が制限される、ということがその概要です。これを、マンションではなく日本中の携帯回線に当てはめて考えてみましょう。今までの一般的な携帯電話であれば、情報がやり取りされるのはせいぜいメールや、携帯電話向けの容量の小さなホームページ程度でありましたが、スマートフォンの台頭によって、アプリケーションなどの比較的容量の大きい情報がやりとりされるようになりました。その数が少ないうちは問題がなかったのですが、次第に需要と利用者が拡大することによって、帯域の利用者が莫大に増えているのが現状です。このままでは、高速な回線帯域を維持することが出来ないという事態になるのは、そう遠くない未来であることは、目に見えているようです。それでは、なぜそこまでこういった問題が大きくなってしまったのか?それは、従来の携帯電話向けに作られた「パケット通信使い放題」という契約を、全く情報の流通量が違うスマートフォンにも適用してしまったためです。このため、スマートフォンの利用者は今まで通り、定額で無尽蔵な回線利用が可能であり、帯域はただただくわれていく一方であるというのが、その最大の問題点であります。アメリカでは既に、スマートフォンに関しては従量課金制が適用されるなど、対策が取られていますが、日本ではまだそれらの対策は講じられていません。そういった可能性について提示しないままに、爆発的に普及させてしまったために、今定額を解除するとカスタマーサービスの観点からどのような問題が紛糾するのか、想像だに出来ないためです。この問題は、今後も議論が続く部分であると思いますので、スマートフォンを利用している方は特に、今後の動向に注目していく必要があるでしょう。さて、そんなスマートフォンの中でも、今日本でよく使われている「iPhone」「Android」「Windows Mobile」という3つの機種について、それぞれの特徴を紹介したいと思います。

ビルベリーの情報満載のサイトはこれ(URL

渋谷の英会話教室に通おう
AEONで

関連ページ
http://orikomio.jp/flyer/SearchStoreDetail_brandId-ancjoshi_storeId-1192.html